ブランドサルベージ

良さや強みをみつける技術

貴社らしさを販売戦略の要にする

業種業態によって構成要素は違いますが、フレームワークは一緒です。

ブランドサルベージでは、まず初めに数多の質問に答えてもらいながらじっくりセッションをし、アイディアダンプと呼ばれる頭の棚卸しをします。
歴史・技術・商品・環境・施設・料理・サービス・衣食住、そして人(経営者とスタッフ)に照らして時間をとって全員で行います。
同業他社とどこが違うのか、お客様が貴社を選ぶ理由はどこにあるのか。
「貴社らしさを販売戦略の要にする」ためには手を抜かず取り組む必要があります。
戦略ないままに戦術に走っても(販促物の制作)結果がでないのは明白です。

緊急ではないが重要なこと

[1]緊急で、重要なこと
[2]緊急ではあるが、重要ではないこと
[3]緊急でも重要でもないこと
[4]緊急ではないが、重要なこと

人は、この順番で日常を過ごしているのが大半ですが、貴社の魅力の棚卸しをする作業は4にあたります。同業者が後回しにしている4の作業を日々の中に取り入れて行くことが大切です。誰もが先送りしている最重要課題をブランドサルベージによって明確にしていきましょう。

このページのトップへ